トップページ
ペット火葬の歴史
ペット用祭壇

動物葬祭(ペット火葬)の歴史は意外と古く、昭和20年頃に東京(府中)の寺院系動物霊園が最初に火葬を行ったと言われています。

その後まもなくしてから関東で寺院系ではない一般法人による動物葬祭業が広まりだし、関西圏では昭和30年ごろから動物葬祭業が始まりました。

昭和40年代に東海、昭和50年代に全国的に動物葬祭事業が増えてきて、現在では1000社以上の動物葬祭事業者(ペット火葬業者含む)が存在すると言われています。

ペットを家畜としてではなく、癒しの存在や伴侶・家族の一員として扱われるようになってきた現代においては、この世を去ったペットに対し人間同等の葬送を希望する飼い主様が増えてきいるようです。

自治体によっては、動物の火葬を執り行うところあるようですが、合同火葬であったり、一般ゴミとしての焼却であったりと人間同等の対応とはいかないところが多いようですが、民間の火葬業社では、通夜・葬儀・火葬・納骨・海洋散骨等々・・・人間同様の葬送を提案する企業が増えています。

北九州ペット火葬センターでは、『完全個別火葬』、『お寺への納骨・供養』までが含まれた一律料金のプランをご用意しております。

また、お立会(お見送り・ご拾骨)やご返骨(お立会・骨壺と骨袋付き)など、飼い主様の希望に沿った形をご提案できますので何なりとご相談ください。
※慈明院の住職による読経も可能です。
※お寺には個別に納骨できる納骨棚もございますので、ご希望の方は職員にお伝えください。
運営者情報
施設名:北九州ペット火葬センター
URL:http://cocoro-covo.com/sougi-kita/
所在地:〒800-0011 福岡県北九州市門司区奥田5-11-31 横山観音慈明院敷地内
電話番号:0120-307-465(24時間受付)
運営会社:(株)COCOROアソシエーション
代表取締役:橋本 哲也
本社所在地:〒810-0073 福岡市中央区舞鶴1-3-14 小榎ビル
電話番号:092-725-0113